1. トップ
  2. ももいもけこのカンタンおいしい発酵べんとう

特集

ももいもけこのカンタンおいしい発酵べんとう

カンタンおいしい発酵べんとう

2019.10.15

9月の一番人気なおかず!『発酵ラタトゥイユ』

発酵鶏のムニエル、塩麹漬け卵、まろやか味のポテトサラダ、クスクスと夏野菜サラダ

ポテトサラダのざっくりレシピ
・じゃがいも3個
・きゅうり、ゆでにんじん、インゲンなどお好みで
・無糖ヨーグルト 大さじ3〜4
・米酢 大さじ1
・あれば粒マスタード 小さじ2
・塩、こしょうなど適宜
・オリーブオイル少々
オリーブオイル以外の調味料を全て混ぜておき、 ゆでてマッシュしたじゃがいもとほかの野菜、調味料を全て混ぜる。 固さを見ながらオリーブオイルを加えて、最後にざっくり混ぜて完成! 甘みが欲しい場合には、きび砂糖やメイプルシロップなどを少量加えてみてください。

しろたまりde鶏とナッツの中華炒め、高野豆腐の醤油麹煮、きゅうりの塩麹レモン漬け、無添加梅干し、もち麦ごはん

今日の中華炒めは 、
・鶏むね肉 1枚
・ミックスナッツ ひとつかみ
・ピーマン 2個
・新玉ねぎ 1/4個
野菜はサイコロ状に、鶏むね肉は一口大より小さめにカット。 ごま油をフライパンにひき、新玉ねぎ・鶏むね肉の順に炒めたら しろたまりと白胡椒を加えて、肉に絡んだらピーマンとナッツを加えてざっくり炒める。 片栗粉を水で溶いて混ぜて完成!

しろたまりの鶏ごぼう飯、ごま入り出汁巻たまご、玉こんにゃくのしろたまり煮、塩麹豆腐のごぼうサラダ、茹でオクラ

鶏ごぼう飯のざっくりレシピ:材料(2合分)
・米 2合
・鶏むね肉(一口大に)1枚
・ごぼう(ささがき)1/2本
・にんじん(千切り)3cmくらい
・しろたまり 大さじ2
・塩(調整用)
洗った米の水気を切り、炊飯器や土鍋に米、水、しろたまりを入れて一混ぜし、 鶏むね肉、ごぼう、にんじんを乗せて通常炊飯。 水加減は、炊き込みご飯用の水分量から大さじ1杯を除いてますが、炊飯器の機能によって変えてくださいね。

鶏モモの塩麹グリル、甘酒卵焼き、パプリカのしろたまりナムル、発酵ピクルス3種、いちご

買ってきてすぐに、特にメニューを決めずに「とりあえず」塩麹に漬けておいた鶏モモ肉。 唐揚げ気分でも蒸す気分でもなかったので、魚焼きグリルで焼きました。 脂もいい感じで落ちるので、ごはんの上に置いてもベタベタになりにくいのが◎! 発酵パワーでお肉もしっとり柔らかです♪
ポイントは、肉の周りに付いた塩麹をキッチンペーパーで軽く取ることと、 火加減少し弱めでじっくり焼くこと。 串に刺して焼けば、ジューシィな焼き鳥になります! お酒にもピッタリですね(笑)

塩麹唐揚げ、じゃこと大葉のしろたまり卵焼き、わかめと青菜のごま和え、レンズ豆入り発酵サラダ、雑穀入りごはん

好みが違う子どもたちのために、毎回鶏モモと鶏むねの両方を揚げます。カットしたお肉を塩麹に漬けておく事で、かっちりした鶏むねも柔らかに♪
鶏肉を買ったら「とりあえず漬けておく」、おススメです!

発酵焼肉ダレのチャプチェ風、発酵豆腐チーズのサラダ、梅酢きゅうり、茹でオクラ、雑穀入りごはん

発酵焼き肉ダレの材料は目安ですが、
・新玉ねぎ1/2個
・にんにく 1/2かけ
・豆板醤 小さじ1/2
・甘酒 大さじ3
・醤油 大さじ2
・味噌 小さじ2
・酢 適量
・ごま油 適量
テキトーに切った新玉ねぎとその他材料をミキサーやフープロでガーッと滑らかになるまで混ぜるだけ。 冷蔵庫で5日ほど保存できます。 モモ肉やロースなどかためのお肉を漬けておくと、柔らかくうまみも増します! 鍋で一煮立ちすると、マイルドなつけダレに。

発酵しょうが焼き丼、発酵白和えサラダ

発酵漬けダレに漬け込んだ豚肉でしょうが焼きに。付け合わせの白和えサラダの白和えは塩麹を塗って一晩置いた豆腐を使っています。タヒニという練りごまを加えてますが、ごまの風味が濃厚! 生ごまと発酵で、アンチエイジングにも良いのでは…と密かに期待しているのでした(笑)

メカジキの塩麹ムニエル、しろたまり卵焼き、蒸し野菜甘酒ゴマだれがけ

メカジキを塩麹と胡椒に一晩漬けてムニエルにしました。 小麦粉の代わりに米粉を使っているので、時間が経っても外側がベロンとなりません。 メカジキにしっかり味がしみこんでいるので、味付け不要♪ 酵素パワーで身もしっとり、パサつかないんです。 タラなどの白身魚でも美味しくできますので、お試しください〜。

発酵ドライカレーのぺたんこ餃子、大葉とごまのしろたまり卵焼き、ぬか漬け2種、塩もみズッキーニ、無添加小梅

ぺたんこ餃子に入れた発酵ドライカレーには、こう見えて野菜たっぷり!玉ねぎ、ピーマン、セロリ、ズッキーニ、レンズ豆、トマト、にんじんなど。
作り方もシンプルで 合挽き肉を塩麹に漬けて冷蔵庫で一晩おき、野菜と炒めてカレー粉と合わせるだけ! 最後に味を見て、塩や塩麹などで調整します。卵で巻いてオムレツ、葉野菜と合わせたりとリメイク料理にもできるので、少し多めに作っておくと便利ですよ!
冷蔵庫で3日ほど保存できます。

甘味噌焼きおむすび、ごまと青菜卵焼き、鶏ハムトマト煮、菜の花ごま和え

焼きおむすびって、時々無性に食べたくなりませんか? 我が家でよく作るのが、バター醤油とこの甘味噌味。 フライパンで作ることもあれば、魚焼きグリルで焼くこともあります。 甘味噌味の決め手は、美味しい味噌、そしてやっぱり甘酒! しっかりとした味噌の味に甘酒が合うのは、甘いだけではないうま味があるからなんです。 今日はごま油を少量プラスして、甘味噌のしっとり感を保てるようにしました。 そして、最近ハマっているのがタヒニ。 今日は菜の花のごま和えで、 甘酒・塩麹・ごま油それぞれ適量と合わせて下茹でした菜の花、千切りして塩もみしたにんじんと和えています。

発酵豚とレンコン炒め、しろたまり卵焼き、発酵やみつきキャベツ、ひじき混ぜごはん

キャベツレシピを探していたところ、居酒屋さんのお通しなどでよく見る「やみつきキャベツ」なるものを発見♪作り方もキャベツにごま油と塩を混ぜるだけと、とっても簡単! そのままでも美味しいけれど、発酵べんとうとしてはひと手間加えてみようと思い、塩麹とごま油、米酢をほんの少し加えてさっぱり目の味付けにしてみました! 漬物より酸味控えめで、酵素もたっぷりとれるひと品です。

塩麹焼肉丼、ぬか漬け、きゅうりとパプリカ、しっとりゆで卵

発酵べんとうでの出番が多い塩麹。
同じような味で飽きないの?と思うかもしれませんが・・・塩麹単体でなく、他の調味料や油、ハーブなどと合わせることで、 いろいろな味に変えることができるんです♪

塩麹鶏フライ、かぼちゃのしろたまり煮、にんじんの甘酒浅漬け、パプリカとズッキーニのぬか漬け、甘酒塩麹漬け卵

鶏ハム用に漬けておいた鶏胸肉を、鶏ハムにせず揚げ焼きにしました! おかずに肉の出番が多い我が家では、発酵調味料でたくさん漬けておきます。 例えば同じ塩麹漬け鶏胸肉でも、
「今日はシンプルに焼くだけ」
「野菜と炒めようかな」
「シチューにしちゃおう」
などなど。 しかも、発酵調味料に漬けた食材は、 そのまま冷蔵庫に入れておくよりも保存がきくという、 主婦には嬉しい一面も!

塩麹鶏ハムのサンドイッチ、プチトマトときゅうりのぬか漬け

塩麹鶏ハムがしっとり美味しくできたのと、とっても美味しい手作りパンをいただいたので、 久々にサンドイッチべんとうを。バターやマヨネーズの代わりに、甘酒味噌をぬっています。 ちょっと棒棒鶏風(*^^*)

発酵鶏の唐揚げ2種、甘酒塩麹漬け卵、さつまいものレモン煮、春雨の梅酢サラダ、ひじきと梅醤の混ぜご飯

唐揚げの下味は2種類で味付けしました!
・甘酒、味噌、ヨーグルト
・甘酒、塩麹、こしょう
3日ほど冷蔵庫で漬けておいた鶏肉に、粉をまぶして揚げただけ。
同じおかずでも、バリエーションを増やしやすいのが発酵べんとうの魅力でもありますね♪

塩麹豚焼き肉丼、発酵きのこマリネ、きゅうりの甘酒梅酢漬け、スナップエンドウ

甘酒の活用でよく使うのが、酸味のあるもの。
米酢やレモンなどを用いることが多いですが、梅酢も甘酒にとても合います。 梅酢にはもともと塩味がしっかり効いているので、甘酒と合わせるだけで良いところも◎!